オリジナルウェディング フラワー専門店
Hanaya Fukutaro Wedding

オリジナルウェディングの専門家が
同じ予算でワンランク上の結婚式を実現する!

 

オリジナルウェディングフラワー・イベント装飾専門店

Hanaya Fukutaro Wedding

物語その⑦
ドレミファソング物語の作り方
(音楽をテーマにした個性的な結婚式フラワー、
会場装花のアイディア)

オリジナルウェディングは3大デザイン(花・空間・グラフィック)で作ります。

ドレミファソング物語の作り方
(音楽をテーマにした個性的な結婚式フラワー、
会場装花のアイディア)

オリジナルウェディングは3大デザイン(花・空間・グラフィック)で作ります。

2人の結婚式のコンセプトは「音楽」です。

「ドレミファソラシ・・・
それは音楽を作るときには欠かせないもの。
これまでたくさんの人に支えられてきた。
そう。みんなは、ドレミのように私たちには欠かせないもの
今まではわたしたちは別の場所で、別の曲を歌ってきた
けれどこうして今、2人が出会い、また新たな曲が始まっていく・・・
この日からまたみんなと新しい曲を作っていこう」

当日会場の大きなシンボルツリーには音符とゲストとの写真がたくさん飾られ、まるで大きな木からみんなの音楽が飛びだしてくるようです。
大空間には空間デザイナーがオリジナルの五線譜のフラッグガーランドを、シンボルツリーから四方にデコレーションします。
また、2人が座るメインブースにはグラフィックデザイナーが作ったレコード盤が吊り下げられた2人の名前入りの楽しいグラフィックデコレーションが出現。
ゲストテーブルには音符と五線譜のモティーフのグラフィックデコレションが、とってもキュートです。
フラワーデザイナーがそれに合わせてフラワーデコレーションをしていきます。
ゲストテーブルにはゲスト全員に各音階のハンドベルが置いてあり、みんなで2人のテーマ曲を演奏します。各ゲストテーブルごとに決められた音階があり、その音階に合わせたハンドベルが人数分置いてあります。「ド」のテーブルには赤いハンドベルがあり、その音階の色に合わせてお花も「赤」でコーディネートします。
みんなで演奏が始まると「ドレミファソング物語」のスタートです。
みんなで心を合わせて、いつまでも忘れられない美しい曲が完成しました。

統一されたイメージで招待状から当日の空間デコレーションまで3つのデザイン(花・空間・グラフィック)で物語をつないでいきます。

こうしてウェディングデザイン(花・空間・グラフィック)を使うことで、ゲストの心にも2人の「ドレミファソング」の物語がしっかりと刻まれることでしょう。

ゲストテーブルフラワー

各ゲストテーブルごとにテーマカラーがあり、それに合わせたフラワーデザインをします。

空間

シンボルツリー

ゲストの集まるシンボルツリーには音符のグラフィックとみんなの写真をたくさんデコレーション。

空間デコレーション

空間をフラッグや目を引くメイングラフィックでコーディネートします。

ウェディングフラッグ

オリジナルの五線譜のフラッグガーランドが可愛い!

グラフィック

メイングラフィック

レコード盤や五線譜をモティーフにした楽しいデザインです。

 

テーブルサイン

音符と音階とハンドベルの色に合わせた、テーブルサイン

 

テーブルコーディネート

テーマ曲の音階を表した五線譜のグラフィックコーディネート